初・青色申告完了。確定申告終わった感想。

個人事業主アフィリエイターの税務処理

確定申告会場

はじめての青色申告での確定申告、終わりました。

あとは税金払うだけ・・・です。

 

去年は確定金額が100万円を超えた月もあり、
思ったより収入金額は超えてしまいました。

うれしいことなのですが、、、

 

やはり主婦感覚でセコく経費を削っていたことなどが悔やまれます。

以下、反省点。

 

何度もいわれていたのに、目の前の作業をこなしつつ突っ走ることに夢中で、
お金の管理が全くのザルだった。

→どこからどうお金が振り込まれ、どんなふうに自分が使ったか、ぜーーーーんぜん把握していなかった。

 

ケチだった。
経費を使うのがコワくて、単純作業も全て自分でやってしまっていた。

→お金の管理どころか、自分の時間の管理も全くしていなかった。

 

節税の意識がゼロだった。

→この分だと今年はこれくらい税金を払わなくてはいけない、というような意識がゼロだった。

 

自分的にエライ!といってあげたかった点。

 

昨年、扶養範囲内であったけど確定申告はちゃんとやった。(白色)

開業届・青色事業者の届け出をしてあった。

振り込まれたお金を、三分の一は「税金用」としてプールしていた。

 

今後、主婦アフィリエイターに伝えたいコト。

 

・経費をかけたほうが自分的にラクなこと(税務面・作業時間面)があるので

何事も無計画にサイト作りをしないこと。

 

・収入-経費=所得。所得に対して税金がかかってくるけれど、

税金とは「所得税」だけではない。所得税+健康保険税+住民税+国民年金+場合によっては事業税を支払わなくてはならない。

だから、毎月、収入から経費を引いた所得の 三分の一 は、とっておくこと。

ぜーーんぶ使っちゃうと困るよ。

 

 

あと、気が付いた点。

 

・税務署、商工会議所、青色申告会は、きちんと税金を払おうとする人にとっては力強い味方です。

記帳のしかたがわからないときはどんどん相談しましょう!

税務署には記帳指導官という係官がいて、色々なアドバイスをくれます。

しか~し、

わたしの住んでいるところの管轄の税務署は、我が家から電車乗りついで1時間弱かかるので、

自転車で20分ほどのところにある商工会議所の会員になり、相談しました。(商工会議所の会費は一年で6000円でした)

相談する内容はほんっとに初心者で

「あのーーぅ、これって経費になりますかねぇ」

とか、

「決算書を作ったら”事業主貸”がマイナスになってますけど、これってなんでしょう??!」

とか、

「事業用の銀行口座からプライベートな支払をしたときの貸方と借方は何になるの?!」

とか、そういう感じで聞きました。

 

・会計ソフトは必須。何を使ってもいいけど、「弥生」がおすすめ。

会計ソフトは「そりまち」とか、「Freee」とか色々あるけど、わたしは弥生を選びました。

なんでもよかったんだけど、「弥生」は使っている人が多いので、

ちょっとしたことを調べたり、聞いたりするのにすぐに答えが見つかるんです。

商工会議所でも「弥生」の使い方を色々レクチャーしていただきました。

 

インターネットでも「弥生 次年度繰越」とか検索すると

操作方法のページがたくさんヒットします。

 

使っている人がたくさんいる=聞ける人がたくさんいる

 

ということで弥生がおすすめだなぁと思いました。

 

 

・今年はわけわからなかった青色申告。けど、来年はスムーズにできるであろう!!

基本がわかってしまえばそんなに難しくなかった。

特にアフィリエイトは仕入れがなく、報酬と経費しかないので記帳がとってもシンプル。

来年はもっと時間をかけずにできる・・・と思う!!

 

 

そんなわけで確定申告は完了しました。

税金は〇○万円です・・・高い・・・