食品異物混入を、ものぐさ主婦の視点から見ると・・・

マクドナルドのナゲットや、

ペヤングソースヤキソバやら、

いろんなニュースがテレビを賑わしている昨今・・・(ちなみに現在2015年1月)

 

「食品メーカーには異物が混入しないよう製造過程をしっかり見直し・・・」

などとコメンテーターが言ってるけど・・・

 

毎日ゴハン作ってるものぐさ主婦のわたしは

 

そりゃーーー毎日作ってれば
たまには、間違って違うモノが混ざっちゃうことだってあるんじゃないのぉぉぉ??

 

と思う。

ましてや、

マクドナルドやぺヤングは、毎日毎日何千・何万の食品を作ってるんだよね、
そのうちのたったひとつ・ふたつに何かが混ざってしまったとしても

しょうがないんじゃないかなぁ・・・

と思う。

 

そりゃもちろん、そんなモノが入っているものを食べたくはない、よ。

そりゃゴキブリが入ったぺヤングなんて

いくらぺヤング好きの私でもごめんだ。

 

だけど鬼の首をとったみたいに、ぺヤングを責めて
出荷停止にするほどのことなんだろうか、と思う。

 

虫が入ったぺヤングを開けてしまった人に対して

ぺヤングは丁寧にお詫びをして

むこう10年間、ぺヤング食べ放題にしますからくらいのことを言って

許してもらったらよかったと思う。

 

そういえば昔。

わたしが子供の頃、某有名お菓子メーカーのガムを買ったら

プラスチックの糸のぶっといのが入っていたことがあった。

それを母に言うと

母は(その頃メールなんかはなかった)そのガムをティッシュで包んで封筒にいれ

某メーカーのお客様相談室あてに手紙を送った。

 

すると数日して、

丁寧なお詫び状とともに切手代とたくさんのお菓子と

「できあがったガムの表面を掃除するためのブラシの一部と判明いたしました」

という調査報告書が添えてあった。

 

そっかぁ、そういうこともあるんだな、と

ありがたくたくさんのお菓子をいただいた。